塾なしで京大現役合格した話

塾へ行かずに京大受験に挑み、見事現役合格しました。

確実に解けるようになる、高校古典の勉強法【古典は外国語です】

 こんにちは!開いていただきありがとうございます。塾や予備校へ行かずに京大現役合格しました、ユウキです。このブログでは、塾や予備校へ行かずとも皆さんが志望校に合格するためのすべてを紹介しています。ぜひお読みください。

 勉強の仕方がイマイチよく分からない教科1位、古典。現代文のノリで勉強しようとしていませんか?

 現代文は問題演習を繰り返すことで成績が向上する科目です。それと同じように古典の問題を繰り返し解こうとしたら大間違い!

 今回は、古典がどういう教科なのかということに焦点を当てて、正しい勉強法を紹介しようと思います。

目次

 

古典は英語のように学べ

 結論から言うと、古典は母国語ではなく、もはや外国語です。日本語と共通しているのは、使用文字、語順だけだと思ってください。

 つまり、古典はどちらかというと英語のような方法で勉強しなくてはいけないんです。

 皆さん、英語ってどういう順序で勉強しますか?

 まず、文法を勉強しますよね。言語のルールが分かっていないと、文章なんて読めるはずがないからです。

 次に、単語を覚えますよね。どんなにルールが分かっていても、単語の意味が分からなければ何を言っているか分かりません。

 そして、最後に問題演習ですね。ここまでで覚えてきたことを総動員してようやく英語を日本語に解釈できるようになります。

 これは古典でも同じなんです。この順序で学んでいかなければ文章が理解できるようにはなりません。

 ところが、古典が現代語に似ているということにより、何も勉強しなくてもちょっと理解できてしまうんです。

 これが古典の落とし穴なんです。これを勘違いして「日本語なんだから何の暗記も必要なし。問題演習あるのみ。」と思ってしまう。

 古典がいつまで経っても解けない原因です。

 

 ここまで、古典を英語と同じ手順で学ぶべき理由について述べてきました。では、具体的にどのように勉強すればいいんでしょうか。

古典の正しい勉強法

 かなり英語と類似しています。順序をある程度守っていただければ、同時進行でも大丈夫だと思います。

1.古典文法

 文法を勉強しましょう。恐らくどの高校でも文法書を使用していると思います。その文法書で十分です。

 ただ、文法として学校できちんと教えてくれるのは、動詞、形容詞、形容動詞の活用くらいだと思います。

 もちろん活用もめちゃくちゃ大事です。確実に覚えてもらいたい。しかし、同じように重要なのが「助詞」です。

 「を」「より」「ば」「が」「の」などです。これを非常に覚えてほしい。

 例えば、格助詞の「が」と「の」です。

 「が」は現代文で言う「の」の意味を表します。「男が服」を現代語訳すると、「男の服」になります。

 逆に「の」は現代文で言う「が」の意味を表します。「川の割れても」を現代語訳すると「川が割れても」になります。

 さらに、接続助詞で一番頻出の「ば」です。

 「ば」の前には用言(活用する語)が来るのですが、その用言が未然形なら「もし~ならば」という意味になります。

 対して、その用言が已然形なら「~なので」や「~すると」という意味になります。

 このように、助詞には非常に重要な役割があるんです。しかし、この助詞の勉強を疎かにしている受験生の何と多いことか。

 これらの助詞なども含めて、文法書に書いている内容をすべて覚えるくらいの勢いで勉強してください。非常に伸びます。

2.古文単語

 次に古文単語です。日本語に似ているとはいえ、おそらく8割近くの単語は意味が現代語と異なると思います。

 古文単語は単語帳で覚えていきましょう。おすすめは、「覚え方別攻略 古文単語340」です。

 僕は現役時にこの単語帳に出会ってなければ、おそらく古典が解けないまま入試に臨んでいたと思います。僕のターニングポイントとなった1冊です。

 実は、古文単語を覚えても実戦で応用するのは非常に難しいんです。なぜなら、古文単語のほとんどが多義語で、どの意味を選ぶかで全く異なる訳文になるからです。

 これが顕著に表れるのが、古文単語を語呂で覚えてしまった人です。意味を覚えるノは非常に早いんですが、意味以外の情報(語源など)を何も覚えていないため、現代語訳が全くうまくできません。意味の選び方が下手なんです。

 これを克服しつつ、語呂と同じくらい覚えやすいのがこの単語帳なんです。特徴は語源から意味を派生させて覚えていく点です。

 まず語源を覚えて、そこから様々な意味に変えていく。これは本来の古文単語の姿なんです。本来の使い方そのものなんです。

 つまり、語源を覚えていれば、単語を見た瞬間、語源が浮かび、それに合った現代語をうまく生み出す(思い出す)ことができるんです。

 この単語帳は非常におすすめですが、別に学校のものでも構いません。ただ、語呂で覚えるものは絶対にやめていただきたい。

3.背景知識の理解

 これで覚えるものは最後です。古文世界の背景知識を覚えてほしいんです。

 昔って、印刷とかできませんよね。すべて手書きです。そのため、なるべく短く文章を書いた方が良かったんです。

 読者との共通認識できていること、古文世界の常識は大抵省かれて書かれています。これが古文を分かりづらくする最大の原因と言えるでしょう。

 この省かれた常識を受験生はある程度知っておかないといけません。

 例えば、「垣間見る」という文化。昔の貴族の男性は気になる女性の家の前には行くものの、中には入りません。

 まずは、垣の間からのぞき見るんです。これが文字通り「垣間見る」という行為なんです。そして、のぞいてみて気に入ったら、付き人などを通じて手紙のやりとりを開始するんです。

 他にも例があります。昔の人にとって「最大のモテ要素」って何だった知っていますか?答えは「和歌」です。

 よく夫婦げんかをした後、和歌を詠む描写が描かれていませんか?これは妻がどれくらい魅力的な女性かを表現しているんです。

 それで、もしその和歌がめちゃくちゃいい和歌だったら、夫が惚れ直すというのが定番の流れです。

 このような古文の常識、背景知識を皆さんにぜひ身につけてもらいたい。

 学び方はいくつかあります。おそらく定番なのは、便覧などを読むことですかね。便覧にはいろんなことが書いてて、読んでみると面白いのでおすすめです。

 もう一つは、問題演習をしていく上で身につける方法です。これにはなるべく詳しい解説が書かれた問題集を使ってほしいです。

4.ひたすら問題演習

 ここまでできていれば、あとはひたすら問題演習です。ここまで覚えてきたことを丁寧に使用していきましょう。

 ここでおすすめの問題集を紹介します。それはこの2冊です。

 それぞれ、基礎、応用となっています。この2冊のいいところは解説が丁寧で、先ほど述べた、古文の常識を解説してくれている点です。

 もし問題集に迷われたらぜひこの2冊を手に取ってみてはいかがでしょうか。問題数は結構少ないので無理なくやりとげられると思います。

まとめ

 ここまで、古文の勉強方法について紹介してきました。意外と知らないことが多々あったのではないでしょうか。

 古文は1度解けるようになるとかなり得点が安定する科目です。ぜひこの方法で古文を得意教科にしましょう。

  以上、七瀬優希でした~